駒場大峰komaba hirotaka

肝臓・腎臓病学研究部門

内科学系 腎内分泌代謝内科学 講師

1.「骨特異的なKlotho過剰発現が骨ミネラル代謝に及ぼす影響に関する検討」
 骨細胞より産生されるFGF23はリン代謝,ビタミンD代謝において重要な役割を担っているが,その分泌調節機構は未だ完全には解明されていない。近年,遺伝子転座によりKlotho発現が著明に増加した症例において,FGF23過剰産生とともに低リン血症性くる病が引き起こされたことが報告されている。またアデノ随伴ウイルスによりKlothoの細胞外ドメインの発現を誘導したマウスにおいても,FGF23過剰産生と低リン血症性くる病が生じたことが報告されている。一連の結果より,分泌型KlothoがFGF23産生を促進するという仮説が提唱されている。しかし,これらの現象は分泌型Klothoではなく,骨に過剰発現した膜型Klothoによって引き起こされた可能性も考えられる。本研究では,骨特異的にKlothoを過剰発現するマウスを作成し,FGF23分泌調節における骨Klothoの役割を解明することを目的とする。

2.「急性腎傷害に伴う骨ミネラル代謝異常の病態解明」

 慢性腎臓病は,二次性副甲状腺機能亢進症に代表される骨ミネラル代謝異常をきたすことが知られているが,急性腎傷害が骨ミネラル代謝に及ぼす影響はほとんど検討されていない。しかし近年,急激な腎機能低下がPTHやFGF23の急激な上昇を引き起こすことなどが報告され,この病態への関心が高まりつつある。急性腎傷害は必ずしも可逆性ではなく,患者の予後に長期的な影響を及ぼすことが複数報告されており,このような観点からも急性腎傷害が骨ミネラル代謝に及ぼす影響を明らかにすることはきわめて重要である。本研究では急性腎傷害モデルにおける骨ミネラル代謝異常の病態,またこの病態におけるFGF23の役割を解明することを目的とする。

2003年3月
神戸大学医学部医学科 卒業
2003年6月
神戸大学医学部付属病院研修医
2004年6月
高砂市民病院内科医員
2006年4月
神戸大学大学院医学研究科(博士課程)入学,深川雅史准教授の指導のもと二次性副甲状腺機能亢進症の研究に従事
2010年3月
神戸大学大学院卒業,学位授与(医学博士)
2010年4月
東海大学医学部内科学系腎内分泌代謝内科助教
2013年10月〜2015年9月
Harvard School of Dental MedicineにLanske教授の指導のもと2年間留学(日本学術振興会海外特別研究員)
2015年10月
東海大学医学部内科学系腎内分泌代謝内科助教
2015年12月
東海大学医学部腎臓病総合病態解析講座助教を兼務
2016年4月
東海大学医学部内科学系腎内分泌代謝内科講師,東海大学医学部腎臓病総合病態解析講座講講師

所属学会

  • 日本内科学会・日本透析医学会・日本腎臓学会・日本アフェレシス学会
  • 日本臨床腎移植学会・日本骨代謝学会
  • American Society of Nephrology・International Society of Nephrology
  • International Bone and Mineral Society

資 格

  • 日本内科学会(認定医・指導医)
  • 日本透析医学会(専門医・指導医)
  • 日本腎臓学会(専門医・指導医)

専門分野

  • 慢性腎臓病におけるFGF23-Klotho系の役割の解明
  • 急性腎傷害に伴う骨・ミネラル代謝の病態解明
  • 高リン血症,二次性副甲状腺機能亢進症に関する臨床研究

受賞歴

  • 2010年 ー Young Investigation Award,ISN-Nexus Kyoto
  • 2011年 ー 日本透析医学会賞(木本賞),日本透析医学会
  • 2011年 ー 優秀演題賞,腎不全研究会

ナビゲーション


腎内分泌代謝内科 駒場研究室

〒259-1193
神奈川県伊勢原市下糟屋143

TEL 0463-93-1121(2490)