本文へスキップ

総合医学研究所は”若手の育成・支援”を推進しています。

お問い合わせはTEL.0463-93-1121

〒259-1193 神奈川県伊勢原市下糟屋143

創薬・病態解析研究部門

メンバー紹介

機器写真

 臨床的研究により「血小板細胞」機能阻害薬による心筋梗塞発症予防効果、出血イベント発症惹起率を定量化する。臨床的に示された薬剤による分子スケールの介入の有効性、安全性の構成論的理解を目指して、スーパーコンピューターと情報通信技術を用いる。すなわち、循環器の恒常性維持および心筋梗塞の発症既知の因子とシステムによる全身循環の恒常性維持のシステムの理解を目指す。心筋梗塞、脳梗塞などの発症メカニズムを循環系の恒常性維持のシステム内またはシステム破綻の結果としての構成論的理解を目指す。


機器写真

 筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、上位と下位の運動ニューロンの変性脱落を特徴とする進行性の難治性神経変性疾患である。現在のところ、その治療薬・治療法は皆無である。本研究では、遺伝子改変マウスやコモンマーモセット及びALS患者由来のiPS細胞を駆使することにより、生体レベルでの複数の疾患発症要因の相互連関を明らかにし、発症機構に基づく新規ALS治療候補薬の探索を遂行する。その上で、新規低分子量化合物スクリーニング系を構築し、新規疾患治療候補薬の探索を遂行する。

機器写真

 抗癌剤抵抗性の尿路上皮癌に対するフェロトーシス誘導による新規治療戦略の構築を目的とし、将来的な臨床応用を見据えた基礎研究を主軸とする。具体的には、MUC1阻害およびフェロトーシスから細胞を保護するグルタチオンペルオキシダーゼ4(GPX4)の阻害によるフェロトーシス誘導は抗癌剤抵抗性の改善につながるか検討する。本研究によりフェロトーシスが尿路上皮癌のバイオロジーに広く関与することが明らかとされれば、MUC1、GPX4等を標的とした治療法の開発がすすむと推測され、今までの議論されてきた経路とは全く違った観点から、難治性尿路上皮癌の治療を大きく進歩させることを期待して取り組む研究である。

   

    

東海大学総合医学研究所東海大学総合医学研究所

〒259-1193

神奈川県伊勢原市下糟屋143

TEL:0463-93-1121

FAX:0463-93-1164