本文へスキップ

総合医学研究所は”若手の育成・支援”を推進しています。

お問い合わせはTEL.0463-93-1121

〒259-1193 神奈川県伊勢原市下糟屋143

血液腫瘍学研究部門

メンバー紹介

施設写真

 我々は、白血病幹細胞が治療抵抗性を獲得する機序を明らかにした。この知見に基づき白血病幹細胞に作用し、その治療抵抗性を減弱させる分子標的薬を開発した。マウス実験において本剤により白血病幹細胞が減少し、死亡率が優位に改善するなど高い効果が期待された。第I相臨床試験の結果、本剤の安全性が確認された。そこで、さらに治療効果を検証するため、白血病患者を対象とした第II相臨床試験を進めている。



機器写真

 以前はゲノムのゴミと言われた領域から転写される非コードRNAの機能が近年明らかになっている。非コードRNAという観点から造血、造血悪性腫瘍に対する研究を行っている。最近は非コードRNAが豊富に内包されている細胞外小胞の機能についても研究対象としている。従来の視点とは異なる切り口から正常、病態双方を解析し、治療標的の探索と共に病気からこそ見えるサイエンスの構築も目指している。



機器写真

 造血幹細胞は骨髄の中にいるが、感染や出血などが起こると造血幹細胞は骨髄から離れて末梢血に流れ込み、全身の血液の恒常性を保とうとする。そして流れ出た造血幹細胞は、また骨髄へと戻っていく。この造血幹細胞が骨髄から出たり入ったりする性質を利用するのが造血幹細胞移植である。我々は造血幹細胞が骨髄に留まったり離れたりする仕組みを明らかにし、その知見を再生医療に応用することを目指す。



    

東海大学総合医学研究所東海大学総合医学研究所

〒259-1193

神奈川県伊勢原市下糟屋143

TEL:0463-93-1121

FAX:0463-93-1164