第13回研修会2017.10.28 会場:伊勢原校舎1号館2階「講堂A」

研修会等を介した人的交流により生命科学分野での共同研究を実現

「生命科学に関わる演題を東海大学全ての学部・研究所を対象に演題を公募」

 研修会は、研究成果の学内外への広報活動・若手研究者の育成・医科学分野に関連した他学部や研究機関との連携を目的に毎年開催しています。ライフ・イノベーション分野での”研究の峰”の構築を目指し、生命科学に関わる学内の教職員・学生などを対象に幅広く演題を公募しています。今回は、各学部の若手研究者や大学院生を含めて90名が参加しました。
 坂部医学部長と先進生命科学研究所の平山所長の開会のあいさつに続き、本研究所の研究員や理学部、情報理工学部、農学部の研究者10名が成果を発表。各テーマについて活発な質疑応答や意見交換を行いました。特別講演では、国立研究開発法人産業技術総合研究所人工知能研究センター長の辻井潤一先生が「人工知能の現状と将来―医療・生命科学への応用を中心に―」と題して講演。人工知能を用いた超音波画像診断や内視鏡診断、ゲノム解析の実験結果を紹介し、人工知能の医療への応用の可能性や課題について説明しました。
 山田学長から「日々研究に邁進されている総合医学研究所の皆さんに敬意を表します。本学は今年、建学75周年を迎えます。100周年に向けて、人文・社会科学系の研究者との連携も図っていただけるとうれしい」と激励のお言葉をいただき、最後に本研究所の安藤所長が「この研修会を機に、研究グループ間に多くのコラボレーションが生まれることを期待しています。今後も学部をこえた研究者が連携・協力し合い、東海大学の総合力を生かした新たなブランドを創造していきましょう」と挨拶しました。 
 終了後に会場を移して開いた「ポスターセッション・情報交換会」では、理学部や工学部、医学部の学生や大学院生をはじめ、マイクロ・ナノ研究開発センターやマトリックス医学生物学センターの研究者が33件についてポスター発表。研究の独自性や内容が優れている発表者を表彰する「ヤング・インベスティゲーター・アワード」には「椎間板変性に対するIL-17の作用」をテーマに発表した生体構造機能学の隅山香講師が選ばれました。


ポスターセッション:研究員、大学院生33名が積極的に参加

「若手育成プログラムー1」:ポスター発表者を公募、予想を上回る応募がありました。

 
 終了後は5号館5階に会場を移し、「ポスターセッション・情報交換会」を実施しました。理学部や工学部、医学部の学生や大学院生のほか、マイクロ・ナノ研究開発センターやマトリックス医学生物学センターの研究者が33件のポスター発表を行い、参加者は今後の展開などについて真剣に討議していました。 

”young inverstigator award”賞」の選出

「若手育成プログラムー2」:研究の独自性や内容が優れているポスター発表者4名を選出しました。

 
 研究の独自性や内容が優れているポスター発表者4名を選出し、さらに4名の中から最優秀賞「young inverstigator award賞」を表彰しました。この試みは、若手研究者にとって東海大学各学部を横断する幅広い学術的交流の機会となり、研究の裾野を拡げる東海大学の活性化に繋がっていくと考えています。
     
 生体構造機能学の隅山香織 講師が研究テーマ「椎間板変性に対するIL-17の作用」について発表。最優秀賞"young inverstigator award"を受賞しました。  阿蘇キャンパスから参加いただいた今井早希先生から「研究室間での共同研究が盛んで、風通しの良い研究所だという印象を受けました。 また、他学部の先生方とお会いでき大変有意義な時間を過ごせました。」とご挨拶いただきました。  特別講演終了後、辻井先生を囲んで記念撮影!



特別講演「人工知能の現状と将来 −医療・生命科学への応用を中心に−」について

辻井潤一 教授 国立研究開発法人産業技術総合研究所1 人工知能研究センターセンター長