酒井大輔sakai daisuke

再生医療学研究部門

外科学系 整形外科学 准教授

「椎間板の恒常性維持機構の解明と推間板疾患に対する新規治療法の開発」
 椎間板変性を基盤とした脊椎変性疾患は椎間板ヘルニア、すべり症、脊柱管狭窄症、果ては脊柱変形までと人間の健康寿命、QOL、ADLの維持に深く関わる。特に社会の超高齢化を迎えた我が国では、ロコモーティブシンドロームへの対策、寝たきり予防政策などが重要視され始め、病態をより早期に予防する健康政策が求められている。椎間板変性は加齢に伴った自然経過でも進行するが、異常に早期に進行する場合においてその進行抑制、さらには再生が可能となれば脊椎変性疾患患者に対する福音となる。当研究グループでは椎間板変成機序の解明と再生にについて幹細胞ニッチと転写因子制御の観点から研究している。


1999年3月
東海大学医学部医学科 卒業
2001年3月
東海大学医学部付属病院臨床研修医修了
2005年3月
東海大学大学院医学研究科博士課程修了
2007年4月
東海大学医学部外科学系整形外科学 講師
2012年4月
東海大学医学部外科学系整形外科学 准教授
2014年4月
東海大学医学部外科学系整形外科学准教授復職
2013年4月
カリフォルニア大学サンディエゴ校およびレイディ小児病院留学
2014年4月
東海大学医学部外科学系整形外科学准教授復職

所属学会

  • 日本整形外科学会
  • 日本脊椎脊髄病学会
  • 日本再生医療学会
  • 日本軟骨代謝学会
  • 国際腰椎学会, Active Member
  • 米国整形外科学会, Active Member
  • 北米脊椎外科学会, Corresponding Member

専門分野

  • 一般整形外科学
  • 脊椎脊髄外科学
  • 脊柱側弯症



ナビゲーション


整形外科学 酒井研究室

〒259-1193
神奈川県伊勢原市下糟屋143

TEL 0463-93-1121(2320)